物件詳細

■愛着のあるイエ

24年経った、22.5坪の平屋建ての再生です。
 リフォームで断熱性能・設備を整えるだけではなく、
この家に『愛着をもって住んでもらいたい』と思い再生を進めています。
■BEFORE ■AFTER
■敷地:57.45坪/延床:22.54坪
■Q値:1.8
■クリックで大きくなります!

■BEFORE ■AFTER
  外壁は道南杉板の縦張り。ナチュラルに無塗装で仕上。通気層がありますので傷みません。

■BEFORE ■AFTER
南東面の窓が大きく日当たりも良いのですが、
歩道との距離もなく視線が気になります。
ハイサイドライトで視線をきり・日当たり・風通り良く!

■BEFORE ■AFTER
古いキッチンは全部取り替えます。
キッチンは反対側に移動しています。
柱と筋交で緩やかに、リビングとダイニングを仕切ります。

■BEFORE ■AFTER
玄関ドアの硝子が、ホールを明るくしてくれました。 新しい玄関ドアにも硝子を入れ、ホールを明るくします。木製の断熱ドアはホワイトアッシュでオーダー。

■BEFORE ■AFTER
せまいUTを、さらにせまくしている給湯ボイラー。 今回はオール電化に改修していますので、
電気温水器は収納内に設置して、UTもスッキリです。

■BEFORE ■AFTER
寒く冷たいタイル貼りの浴室。
ユニットバスに取替え暖かく、お手入れも楽です。
(TOTOさんのカラリ床、魔法びん浴槽)

■BEFORE ■AFTER
ココからは工事中の写真です。
 先ずは解体して状況を確認します。
幸い痛みも少なく、状態は良い感じです。
タイル貼りの浴室はお約束の腐食があります。
土台と柱の一部は取替えました。

■BEFORE ■AFTER
床下全面に防湿フィルムを敷き湿気を押えます。 防湿フィルムがずれないように、乾燥砂を敷き押えます。

■BEFORE ■AFTER
外壁下地も全面合板張りで補強します。
構造強度・断熱材の押えと両方の働きをしてくれます。

■BEFORE ■AFTER
構造用合板の上からは、防水透湿シートを張ります。
水は通さず、湿気は逃がすスグレものです。
小屋裏に排気口を設けました。
通気を取り、湿気・熱気を屋根のてっぺんから逃がします。

■BEFORE ■AFTER
新しい断熱材を壁全面に充填します。 断熱材の上から気密シートを張り、気密性UP!
新築住宅と同様に施工します。

■BEFORE ■AFTER
天井裏に吹き込む断熱材です。 天井裏に、断熱材を300?施工します。
暖かい空気を逃がさず、暖房効率も大幅にUPします。

■BEFORE ■AFTER
基礎に貼りつける断熱材です。
土を掘り、埋まっている基礎部分にも貼り付けます。
基礎の外側で断熱できるので、断熱効果もバツグンです。

■BEFORE ■AFTER
必ず体に害のない資材を使います。
 
クロスの接着剤も害のないものです。

■BEFORE ■AFTER
もちろん塗料も害はありません。 24時間換気も装備しています。
 快適な空気と、結露を防ぐ働きをします。